毛染め、ヘアーカラーによる髪のパサつきの原因、予防、修正

毛染めをした後に起こるパサつき

毛染め、ヘアーカラーをした後、「髪はしなやかになり、ツヤも出るけど、1回2回と髪を洗うたびにパサついてくる」と言う現象は当然起こる事です。

そもそも、「毛染めをする時点で髪は傷む」のです。

原因:最も多く使われる一般的な毛染め(酸化染毛剤)には、国も危険と認める成分が多く含まれて居て、かゆみなどのカブレになる事や髪が傷むことが当然となっています。
それにかかわらず、美容師さんを始め、多くの方が危険である認識が低いのです。

予防:安全な毛染めを作る事が良いとは思いますが、絶対に安全な毛染めが無いので、予防をする方法を用いる事が重要です。方法:

  1. 地肌に薬剤を着けない。
  2. 過酸化水素やアルカリ剤を中和する。
  3. 有害化学物質をブロックする。
  4. 残留する薬剤を除去する。
  5. 頭皮の状態を正常に保つ
  6. 毛染めに合ったホームケアーをする。

修正(修復):基本的に一度傷めた髪は完全には健康な髪に戻る事はありません。
今以上に傷めない事、これから傷めない様に予防する事が、健康的な髪にする方法です。