労働基準監督署から呼び出されて・・・ガッカリ!

2月5日月曜日、札幌合同庁舎の6階にある労働基準監督署に労働条件の調査と言う事で、資料を片手に訪問しました。

奥のHと言う囲われた部屋に案内され、どんなことを聞かれるのだろうと思っていたら、若い調査員が現れ名刺を出した。

ガッカリ!

職場が美容室と伝えると・・・「理美容室って、なかなか一般より大変ですよね」

この一言が辛い・・・私が昔から思っていた「美容師は働きすぎ」からです。
お客様に聞いても、美容師は朝から晩まで、休みも無く、食事の時間もなかなか無く大変な職業だと思われている事です。

それってブラックってことじゃない!?・・・

それが当たり前の様に経営者も社員も思っている。

調査員「ブルーヘアーさんはすごいですね。これだけしっかり守って、それ以上になっているとこ、あまりないですよね。」

これもガッカリ・・・

ほとんどが出来ていないってことじゃないか・・・(´・ω・`)

週労働時間42時間やろうよ

僕らの仕事は生産性の高い職業なのに、美容師自体がそう思っていない事実。
だから、労働時間も42時間で充分に経営が出来るのにやっていない所が多すぎるから、これからもっと人材不足になって行くだよ。

まずは、週の労働時間42時間にしようよ。

必ずできるから・・・(^^)/

やりたい人は相談して下さいね。