アナフィラキシーショック

死に至る可能性が高いアナフィラキシーショック

今日の朝に「松嶋尚美さんの娘さんがアナフィラキシーショックで緊急入院」と言う特集を見て・・・
昨日カラーグレスで来店したメンズのお客様、1年前から白髪染めを始めたそうです。

◆お客様の話の内容

毛染め専門店で安全そうな「オーガニックカラー」をしてもらっ
て来たんですが、最近毛染めが原因でカブレていたんだと気づき、怖くなり、安全に染める事が出来るカラーグレスを試してみることになったと言う事です。

専門店で染めている時から「痛く」感じていましたがそんなものかなと我慢をし、自宅に帰ってからも痛さとかゆみで頭を掻いたりしていましたが、ある日から体中に湿疹が出てきて、痒さ等が1ヶ月くらい続き、辛くなり、皮膚科に行きましたが、色々なアレルギーの要素があるので原因を特定することが出来ないと言われたそうです。

皮膚科で貰った塗り薬、飲み薬を使っても収まらず、自分で考えた末、いつも毛染めをした後からひどくなった事に確信したそうです。

◆話を聞いて私の判断

四診を終え、アナフィラキシーを発症していると判断、毛染めによる「重度」者と認定。
頭皮の状態等から免疫力の低下、乾燥による予防力の低下と判断し、今後のアドバイス。

カラーグレスの処方は重度対応の技術を提供する事としました。

◆お客様の反応

「施術中から今までとは全然違います。」
「痛くも、痒くもないです。」
「顔の周りにも毛染めの跡も無いし、頭皮が気持ちいいです」
「なんでこんなに違うんですか?」
「僕の今までの1年間の辛さは何だったんでしょう。」

◆毛染めが原因と気づかない人たちが如何に多いのか

この様に毛染めが原因で辛い思いをしていても、我慢をしている方が、想像以上に多いようです。
当たり前のように気軽に毛染めをしていますが、とても危険なものであると分かって欲しいです。