毛染めのアルカリ、過酸化水素の同時中和

中和剤
➢ 取引サイト

類似品が出ていているのは嬉しい!?

安全カラーに取組んで10年近くになるだろか、6年前に毛染めのアルカリと過酸化水素を同時に中和できるDC-1を開発して、現在のシステムプログラムになるまでに、中和剤DC-1もマイナーチェンジしてきた。

今までは、アルカリの中和、加水の中和は別々に行われることが多かったが、最近はDC-1と同じように同時中和する業務用の商材も、ちらほら現れてきた。

これは大変好ましいことである。

お客様の髪を大切にすると言う事は理美容師が求める、美しい髪になる為に必要だからである。

ただ、価値を下げるビジネスは、結果的に理美容師の価値も下げるので、マーケティングは気を付けて欲しいものである。

業界全体で価値ある商品の開発、技術の開発は絶対である・・・

新しい理美容技術の開発が必要

従来は、このように商材の開発や技術の開発が行われて来たが、この2点の中にマーケティングという考え方を入れた開発が大事になる。

理美容師が経営の勉強やマーケティングの勉強をするのはいいのだが、そんな事は、これから理美容師になる子供や、お客様は望んでいるのだろうかと問いかけて見て欲しい。

取組

今、僕の仲間が新しい理美容商材や技術の開発に取組んでいます。

理美容師がサロン経営やマーケティングを気にせず、技術に専念するだけで、経営が成り立つ商材や技術の開発である。